笑顔でフィニッシュするために!

笑顔でフィニッシュするために!

大会医療はボランティアスタッフの支援で成り立っています
マラソンフェスティバルナゴヤ・愛知の医療体制は、全国の医療従事者や消防、学生などのボランティア支援によって支えられています。
医療体制の強化、迅速な救急救命対応が可能な取り組みを構築し、安心安全な大会を掲げていますが、やはりランナー自身が自分のことを知ったうえで、怪我やトラブルを予防することが一番重要です。
日頃からのメディカルチェック、コンディショニングはもちろん、生活習慣を整えてリスクを減らすことや計画的に時間をかけてトレーニングをして大会準備を行いましょう。
大会本番のレース中では熱中症や脱水症状予防のため、こまめに水分やスポーツドリンクを摂取する心掛けが大切です。
また、レースの終盤でスピードアップをすることは、疲れている中でさらに心臓に負担をかけてしまうことになり、非常に危険な行為です。
笑顔でフィニッシュをするために、余裕を持って準備をし、体調を整えて、楽しいレースにしましょう。

もしものために!
誰に何が起こるか分からない!万が一に備えて、大会に参加しましょう。
ナンバーカードの裏面には、緊急時に必要となる情報が記入できるようになっております。 
万が一に備えて、必ず下記を記入してレースに参加してください。
1.あなたのお名前
2.緊急連絡先氏名
3.相手先電話番号
4.既往症
5.服用できない医薬品

緊急時への対応は心掛けが大事
大会中に発生するアクシデントによる救命措置は一刻を争います。救急車やAEDを持ったスタッフが駆け付けるまでの初期の手当てがとても大事です。
救急医療体制が最大限に機能するためには、他でもないランナーの皆さんの協力が必要です。心肺停止事故を目撃したら、あなたがまわりの方へ「119番通報」と「AEDを探してきて」と大きく叫んで要請してください。また、事前に救命講習を受講したランナーがひとりでも多く大会に参加することで、緊急事態を迅速に発見・対応することができます。心肺蘇生法(AEDの使い方を含む)は誰もが簡単に学べる技法です。一人ひとりが積極的に習っておきましょう。ランナー同士が相互に助け合い、互いに命を支え合う安全安心な大会になるために皆さまのご支援をお願いします。
Gold Sponsor
Silver Sponsor
Official Timer
Official Sponsor
Official Supplier
Official Photo Service
Official Supporter
Organizer